同伴の誘い方から流れまで一挙公開

キャバクラで同伴をする場合一般的には食事に行くことが多いです。相手の好みでお店を選ぶこともありますし、自分が行きたいお店を聞かれることもあります。このときから気持ちよくお店に来てもらうために勝負は始まっていますから、相手に気を使わせないで楽しい時間を過ごすことが重要になります。しかし相手に気を使わせないことは大切ですが、お客さんも見栄があるので飲食代はお客様が支払いをしてくれることが圧倒的に多いです。そして無理をしてでも素敵なレストランや人気の飲食店に連れてってくれます。慣れた関係なら自分が食べたいものを提供してくれるお店へ連れてってくれる可能性も高くなります。

このようにただキャバクラの同伴に誘うのではなくて、支払いの観点から見ても相手の経済力を見極めながら慎重に誘っていきましょう。誰でも良いからと思って同じ誘い文句で誘っていては不発に終わってしまう可能性が高くなってしまいます。そうならないためにもお客さんがどのような立場の人なのかを十分理解してから同伴に誘うようにしましょう。全てのお客さんがご馳走をしてくれるとは限りません。割り勘をしてくるお客さんが駄目という考えは捨てて常に感謝の気持ちを忘れずに接客することが大切です。

サラリーマンは小遣い制の人が多く同伴をしたとしても安いお店で飲食を済ませることが多いです。支払いをしてくれれば良いですがサラリーマンの場合は割り勘になることも多く、来店後も常に財布を気にしながら楽しめないお客さんも多いです。しかし同伴をすることでポイントを稼ぐことができて歩合給に繋がっていきますので、サラリーマンであっても疎かにすることなくしっかりと他のお客さんと同様に楽しませてあげることが重要になります。限られた小遣いの中でキャバクラに来てくれるお客さんはたくさんいますので、そのようなお客様も大切にしていくことで稼げるキャバ嬢になることができます。

経済的に余裕がある立場のお客さんだと食事以外にも様々な場所へ連れてってくれたりショッピングをして好きなものをプレゼントしてくれたり、予想以上に嬉しいことがたくさんあります。しかも全て相手が支払ってくれるのでキャストは1円も支払うことなくお店へ連れてくることができます。これは経済力があるお客さんのときに多いパターンです。日頃から会社経営者や医者などステータスが高い人達に自分を積極的にアピールすると、このような人達と同伴をすることができる可能性が高くなります。しかし相手が一般的なサラリーマンだとそうはいきません。